主婦のパートって 主婦のパートって 主婦のパートって

主婦歓迎!空いた時間に出来るパート求人

主婦がパートをするというとき、まず考えるのは働く時間についてでしょう。小さな子どもの送り迎えや、毎朝の家事との兼ね合いをどう考えるかが重要になってきます。しかしそれ以上に気になるのは、103万円の壁でしょう。パートで得られる給与が、年間あたり103万円でおさまっていると所得税がかからないのですが、わずかでもオーバーしてしまうと所得税がかかるので得られるお金が減ってしまいます。

奥さん側の収入は減りませんが、控除が減るので夫の収入が減ります。

image

しかし実は103万円の壁はそれほど高いものではありません。103万円をこえたところで、配偶者特別控除というものを段階的に受けられますので、いきなり負担が増えるということはありません。

それよりも気にしなければならないのは130万円の壁です。130万円をこえると社会保険料を支払う必要が出てきますので、世帯収入は一気に24万円近く下がります。

つまり、131万円稼ぐくらいだったら、110万円で止めておいた方が世帯収入が多いという不思議な状態ができあがってしまうのです。だいたい150万円くらい稼いでいても、まだまだ130万円で止めておいたほうが得だと聞くと、いかにこの壁を意識することが重要かということがわかるでしょう。そうした壁を意識して働く主婦が一般的で、なにも知らなくても、とりあえず103万円、130万円はこえないほうがいいのだなと思いながら働く人もかなりの数います。

そうしたことに政府が危機感を持って、こうした壁を撤廃しようという流れも起こっています。

壁を意識することがなくなれば、主婦がもっと自由な時間、自由に働くことができるのではないかということです。しかしそれには反発もあって、まだ実現はしていません。壁がなくなるということは税制の優遇がなくなってしまうということですから、主婦なのに長くパートで働かなければならなくなるということでもあります。壁がなくなってしまうと、また格差が広がる結果につながるかもしれず、政府の関係者には慎重な判断をして欲しいところです。